本文へ移動

Y様邸(湯所)

リメイク

鳥取市湯所/一文字葺き屋根一部葺き替え工事

Y様邸の屋根は、銅板一文字葺き(瓦+軒先に銅板)という趣のある施工方法です。
 
経年劣化と銅板部分腐食により、雨漏りも起きているということで屋根の補修工事を行うことになりました。
 
 
工事内容:瓦屋根⇒ ルーフィングのやり替え既存瓦再葺き。
 
    :銅 板⇒ 銅板を撤去し、ルーフィングやり替え、新たにガルバリウム鋼板施工(一部瓦へ)

銅板が腐食し、穴あきを起こす原因とは

酸性雨が和瓦上を流れ落ちる際に、瓦に塗られている釉薬が酸性雨で溶け銅板に流れます。
 
釉薬が混ざった雨水が銅板と接触することによって、化学反応を起こし腐食します。
 
和瓦と銅板はともに寿命が長かったため、当時は長持ちする材料を使って建物を作ろうと、このやり方が主流になっていたそうです。
 
 
釉薬とは…瓦を汚れなどから保護したり艶を出したりするための、うわぐすりのこと。

屋根材の腐食が進むと雨漏れの原因に

瓦と銅板が接する部分、特に雨水が流れ落ちる部分で銅板に大きな変色が見られ穴も開いています。
 
このように変色が進むと銅板に穴あきができ、そのままほおっておくと、ますます穴が大きくなり、さらに雨漏りを起こす原因になります。
丸印が腐食部分です。
腐食部拡大。

工事の様子(銅板部はずし~ルーフィング~桟木施工)

腐食した銅板を外します。下地のルーフィングも傷んでいます。
防水効果のある屋根の下地材「ルーフィング」
瓦を固定するためにルーフィングの上へ横方向に施工された桟木。
◆ルーフィングとは
 
屋根の仕上げ材(瓦など屋根材)から漏れてきた雨などの水滴を家の中に侵入させないための防水機能をもったシートのことです。
 
屋根材とルーフィングという二段構えで、私たちを雨から守ってくれています!

工事の様子(屋根瓦再葺き)

既存の瓦を再度葺いています。

完成

お天気にも恵まれ、1週間ほどで工事は完了。これで安心して過ごせますね。
 
Y様、ご依頼ありがとうございました。また何かございましたらお気軽にご連絡くださいませ。
軒先は錆に強く、和瓦とも相性がいいガルバリウム鋼板を採用しました。また軽いので耐震性にも優れています。
屋根のメンテナンスは、ほおっておけばほおっておくほど高額になりがちです。
 
早めのメンテナンスを行うことで、住宅の寿命を延ばすだけでなく費用を抑えることができます。
 
ご不明なことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。
シンセイホーム株式会社
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東五丁目114
TEL.0857-38-8988
FAX.0857-38-8987
・一般建築
・個人住宅
・建築
・リフォーム
・不動産
TOPへ戻る