本文へ移動

NEWS&EVENT / ニュース&イベント

鳥取市田島 ピアノ教室のあるおうち 基礎完成!

2020-10-13
カテゴリ:現場速報
現在建築中 ピアノ教室のあるおうち現場速報その③です!
完成イメージ
一階は奥様の経営するピアノ教室を設けた縦長のシンプルな間取りで、生徒さんがLDKを介さずすぐに教室に入れるよう玄関ホールからの出入口を二か所に。また洗面とトイレを近くに配置するなど、動線を配慮しています。
二階には7帖の水栓付きインナーバルコニーがあり、バルコニーの掃除や植木の水やり、アウトドアを楽しむ時などに重宝し使い勝手抜群です。
その他、ロフト付きの子供部屋、くつろぎの寝室など、ご家族4人の、のびのびとした暮らしが想像できます♪
 
 
地鎮祭の様子⇒
基礎工事前編はこちら⇒
■基礎工事 後編です。
土間コン打設工事では、まず基礎図面にのっとって基礎専門業者さんが配筋工事を行います。
こちらは配筋工事は本数や位置、高さなど基準があり、ちゃんと守られているかの検査も第三者機関によって設けられているので安心です。
家が完成したら見えなくなる部分ですので、しっかり撮影しています!(検査機関に提出用などに使用)
配筋工事・検査の様子
「配筋工事」とは建物の基礎部分を構成する鉄筋を配置する工事のことです。
■基礎コンクリート打設の様子
型枠を設置し、そこにコンクリートを流し込みます。
基礎型枠は、コンクリートの形状を決めるだけでなく、打ち込み初期のコンクリートを冷気や乾燥、外からの衝撃を守る緩衝材料としての役割もあります。
スラブとは「床板」のことで、床の荷重を支える構造床のを指します。
立ち上がりコンクリート打設。
■基礎完成
コンクリートの強度が出るまで3日は置き、型枠を外します。
その後、仕上げ作業として、勝手口や土間などのコンクリートを打設したり、不要なコンクリートを除去すると、キレイな白い基礎が完成しますきらきら
白いキレイなベタ基礎
次回はいよいよ「建て方」
。基礎だけで見ると「これ、ホントに○LDK・・・?」と仰る方がありますが、この時点では見下ろす視線になるため小さく見えます。
次回の「建て方」で、棟まで木組みが出来上がると、様相が一変します3つのびっくりマーク(吹き出し)
お楽しみに~きらきら(^^)/
■お気軽にお問い合わせくださいませ。
商品住宅「カーサカーゴ」暮らしに合わせて組み合わせる家です。
2020年9月で創立41周年
鳥取の身近な工務店シンセイホームがあなたの住環境をサポートします!

ご不明なことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。新築・リフォームなど住まいのことから不動産のことまで対応させていただきます。

お問合せはこちらからどうぞ★

☆商品ラインナップはこちら☆

☆Instagram☆

☆faceboook☆

 

 

シンセイホーム株式会社
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東五丁目114
TEL.0857-38-8988
FAX.0857-38-8987
・新築
・住宅
・リフォーム
・不動産
TOPへ戻る