本文へ移動

NEWS&EVENT / ニュース&イベント

鳥取市田島 「ピアノ教室のあるおうち」 基礎工事へ

2020-09-30
カテゴリ:現場速報
■家族4人、のびのび暮らす
一階は奥様の経営するピアノ教室を設けた縦長のシンプルな間取りで、生徒さんが来たらLDKを介さずすぐに教室に入れるよう玄関ホールからの出入口を二か所、また洗面とトイレを近くに配置し、動線を工夫してあります。
二階には7帖の水栓付きインナーバルコニーがあり、バルコニーの掃除や植木の水やり、アウトドアを楽しむ時などに重宝し使い勝手抜群です。
その他、ロフト付きの子供部屋、くつろぎの寝室など、ご家族4人の、のびのびとした暮らしが想像できます♪
 
 
地鎮祭の様子はこちら→
■家の要は地盤と基礎工事
 
初めが肝心と言いますが、基礎は、建物のすべてを支える土台です。当たり前といえば当たり前ですが、この「当たり前」の積み重ねで家が出来上がります。
まずは、地盤調査をしてこの土地は家の荷重に耐えられるのか特殊な機械を使って測ります。
地盤調査中
特殊な機械を使って測ります
■シンセイホームではベタ基礎を採用しています。
ベタ基礎は、現在多くの住宅が取り入れている基礎工事の方法で、建物の底一面が鉄筋コンクリートになっています。
建物の荷重を「面」でとらえるので、安定性が高く、地面から上がってくる湿気やシロアリを防ぐこともできます。
布基礎に比べるとコンクリートの量が増えるので、費用が割高になり工期も多少長くなります。
■順調に進む基礎工事 「掘り方~砕石工事」
基礎の下地をつくるために地盤を掘削する「掘り方」。
建物の荷重が地盤へと均等に伝える役割を持つ「砕石工事」。
■工事の安全と、これからの家族の安寧を込めて
砕石工事完了後、地鎮祭の時に神主さんから頂いた「鎮めもの」を東西南北と中央に埋められました。
基礎工事だけで養生期間を含めて(コンクリートが固まるまで置いておく期間)3週間から1ヶ月近くかかります。基礎工事の工程は、細かく分けると10工程以上にもなるので納得です。
 
工事は順調に進み現在は外壁工事まで進んでいますので、ブログの方もどんどん更新していきますよ
お楽しみに(^^♪
■お気軽にお問い合わせくださいませ。
2018年新築(鳥取市緑ヶ丘)
2020年9月で創立41周年
鳥取の身近な工務店シンセイホームがあなたの住環境をサポートします!

ご不明なことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。新築・リフォームなど住まいのことから不動産のことまで対応させていただきます。

お問合せはこちらからどうぞ★

シンセイホーム株式会社
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東五丁目114
TEL.0857-38-8988
FAX.0857-38-8987
・新築
・住宅
・リフォーム
・不動産
TOPへ戻る